グランフォーレ京町レジデンス スタッフブログ > 物件情報 > 住宅融資の利息分を最大100万円助成します!

住宅融資の利息分を最大100万円助成します!

みなさんこんにちは。

今回は以前もご紹介したことがありますが、現在申込受付期間ということで

日本財団わがまち基金100万円助成制度をご紹介します。

 

日本財団は熊本県と大分県で被災した住宅や事業再建のための金融支援制度として

日本財団わがまち基金」を創設しました。

東日本大震災の復興支援でも実績を積み上げています。

 

日本財団わがまち基金では「住まいふっこう支援制度」という

平成28年度熊本地震で被災された方の住宅再建支援活動を行っています。

この制度は、熊本地震の被災者が金融機関から融資を受けて住宅を購入(再建)される場合、

100万円を限度に融資の利息相当額が助成される制度です。

 

対象となる住宅は平成28年4月14日以降契約及び着工し、

平成30年3月31日までに完成又は完成見込みの住宅(中古住宅を除く)で

グランフォーレ京町レジデンスは熊本市内の新築マンションの対象物件となっています。

 

対象者は以下のとおりです。

1.平成28年熊本地震で被災し、「半壊」以上のり災証明書を交付された人

2.住宅金融支援機構又は熊本市内に本店を置く金融機関からの融資を受けて購入する人

3.熊本県内に本店を置く建設会社などが施工した物件

4.平成30年3月31日までに完成又は完成見込みの住宅

 

親が被災した子どものために、反対に子が被災した親のために住宅ローンを組んだ場合や

助成金の振込先を、り災証明の名義人の他に実際ローンを組んだ人も対象に含まれます。

 

受付期間は全部で3回あります。

第1回 平成29年5月10日 から 6月20日 (約280戸)

第2回 平成29年8月21日 から 9月22日 (約250戸)

第3回 平成29年11月1日 から 11月30日 (約200戸)

 

現在は平成29年度の第2回目受付期間です!

もし申込多数で抽選に漏れてしまっても、自動で第3回の抽選に参加できます。

改めて申請する必要がないので、早めに申込みした方がいいですね。

 

申込には、「り災証明書の写し」や

金融機関から融資を受けられることが分かる書類の写し」などが必要になります。

詳しくはスタッフまでお問合せください。

 

こちらの制度について、ご興味のある方、疑問点がある方は

お気軽にフリーダイヤル0120ー461ー225までお問合せください。

日本財団わがまち基金のHPはこちらをご覧ください。

 

他にも、住まいに関して不安なこと、お困りのことや

ちょっと知りたいことなどなんでもお気軽にご相談ください。



来場予約はこちら

資料請求はこちら


グランフォーレ京町レジデンス スタッフブログ > 物件情報 > 住宅融資の利息分を最大100万円助成します!

検索
購読
関連リンク
  • グランフォーレ京町レジデンス 公式サイト
  • 資料請求
  • 来場予約

ページの先頭へ戻る▲