明治10年開校の歴史ある「熊本大学附属小・中学校」を擁する熊本屈指の文教区、京町。周辺には有名学習塾が軒を連ね、品格あるアカデミックな雰囲気と、お子様の向上心に応える学びの環境が充実しています。

熊本大学附属小・中学校

京陵中学校

早稲田スクール

日本三大名城に数えられる熊本城は当時、茶臼山と呼ばれた丘陵地に慶長12年、加藤清正が築城。清正は治山治水、新田開発などに力を入れ、また南蛮貿易に乗り出すなど、肥後の国の発展に尽力しました。以後、熊本城とその城下である京町を中心としたエリアは、中世から近代の400年に亘る日本の様々な歴史の重要な舞台となっていきます。

京町エリアには、寛永4年創業の味噌・醤油の蔵元や、明治41年に竣工した赤レンガ造りの熊本地方裁判所旧庁舎、また文豪・夏目漱石の小説「草枕」ゆかりの緑道など、歴史のロマンを身近に感じられる街の風情が、そこかしこに残されています。